住宅省エネラベル・長期優良住宅・瑕疵保険・性能評価・建築確認・・・ハウスプラス中国のワンストップサポート!
各種業務 料金表 ダウンロードコーナー 会社概要 リンク集
HOME > すまい給付金
すまい給付金について
すまい給付金は、平成25年10月1日の閣議決定に基づき、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために導入された制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円給付することとしています。
「すまい給付金」に関する詳細は、下記の「すまい給付金」事務局のホームページをご参照ください。

「すまい給付金」事務局ホームページ
http://sumai-kyufu.jp/

すまい給付金

現金取得者向け新築対象住宅証明書は、すまい給付金の受給申請を行う際に必要となる書類です。
現金取得者向け新築対象住宅証明書は、すまい給付金の要件である、【フラット35】S(金利Bプラン)と同等の基準を満たす住宅であることを証する証明書です。
チェック 【フラット35】Sの適合証明書を取得している場合は、この適合証明書がすまい給付金の受給申請時に利用できますので、現金取得者向け新築対象住宅証明書は不要となります。
現金取得者向け新築対象住宅証明書は、受給申請を行う申請者が次の要件の場合に必要となります。
チェック 新築住宅※を取得する場合
チェック 住宅ローンを利用せず、現金で取得する場合
※新築住宅とは、人の居住の用に供したことのない住宅であって、工事完了から1年以内のものをいいます。
※上記以外にも要件がありますので、詳しくは「すまい給付金」事務局ホームページをご参照ください。



現金取得者向け業務の流れ

現金取得者向け業務の流れ
・申請の時期は、着工前、着工後を問いません。(書類審査のみ)
(新築住宅を取得されてから1年以内に受給申請を行う必要がありますのでご注意ください。)
・工事完了から1年を経過した場合は中古住宅の扱いとなり「現金取得者向け
新築対象住宅証明書」は新築住宅の現金取得者が申請を行う際に必要な書類としては利用できませんのでご注意ください。

業務区域 広島県、岡山県、島根県、鳥取県、山口県
業務範囲 新築住宅に限る
 ※人の居住の用に供したことのない住宅であって、工事完了から1年以内のもの
対象となる住宅の範囲 一戸建て住宅および共同住宅等
 ※床面積が50u以上である住宅
→現金取得者向け新築対象住宅証明書発行業務要領(PDF/314KB)
→現金取得者向け新築対象住宅証明書発行業務約款(PDF/177KB)

→申請書類のダウンロードはこちら





トップページ会社概要料金表ダウンロードコーナーリンク集セキュリティーポリシー
ハウスプラス中国住宅保証株式会社 〒730-0042 広島市中区国泰寺町1丁目3番32号 国泰寺ビル1階
指定確認検査機関(中国地方整備局長指定第1号)、登録住宅性能評価機関(中国地方整備局長登録第5号)
COPYRIGHT (c) 2009 HOUSEPLUS−C. All Rights Reserved.